コラム

auひかりの設備撤去義務化、撤去が必要ならSoftBank光に乗り換えよう

auひかりの撤去費用義務化、及び撤去費用が値上げされるらしいです。

今回はこの件についてまとめつつ個人的な感想を述べていきたいと思います。
 
 

auひかりが何故、撤去費用義務化になったか

auひかりの撤去義務・撤去費用
変更前 変更後
撤去義務 無し 必須
撤去費用 10,000円 28,800円

どうやら、ユーザーが解約した後に、再利用されることを前提として設備をそのまま残しておいたらしいです。

しかし、その残置された設備にも維持コストがかかり、その費用はKDDIが負担していたうえ、実際に再利用されることはあまりなかったようです。

ちなみに撤去しなかった場合は賠償金が発生、転居して改めてauひかりを利用する場合や、マンションタイプの場合は撤去義務が発生しないようです。

NTT東西線は残置するのが基本だそうです。

他社は残置しているとはいえ、撤去の義務化するのもまあわからなくはないなと思います。
 
 

他社の光回線の撤去と比較

光回線の撤去義務・撤去費用
撤去義務 撤去費用
auひかり 有り 28,800円
NURO光 無し 10,000円
コミュファ光 無し 10,000円~12,000円
ピカラ光 無し 10,000円
eo光 無し 10,000円

auひかりと他社の光回線の撤去義務や撤去費用を比べると上記の通りになります。

やはり、他社と比べると撤去義務が発生して、撤去費用も高くついてしまうようになってしまったようです。

auひかりに関しては撤去義務があるので、そのことを理解した上で、光回線を利用する必要がありますね。

しかし、今後はauひかり以外のブロードバンドサービスもauひかりと同様に撤去義務が発生するようになり、撤去費用もかかるようになりかもしれません。

撤去義務や撤去費用のことも考慮して光回線選びをするのが当たり前の時代がくるかもしれませんね。
 
 

auひかり撤去しなければならないならSoftBank光に乗り換えよう

6つの光回線のスマホ等割引・乗り換えキャンペーン
乗換キャンペーン
NURO光 無し
コミュファ光 解約一時金最大35,000円還元
ピカラ光 無し
eo光 違約金・撤去費用最大15,000円還元(商品券)
SoftBank光 違約金・撤去工事費最大100,000円還元

auひかりの撤去をしなければならなくなってしまったら、SoftBank光に乗り換えることをおすすめします。

SoftBank光は撤去工事費が還元でき、還元額も最大100,000円と非常に高いです。

光回線をずっと利用する予定だったが、やはり利用しなくなったという場合だと厳しいですが、auひかりを導入したが回線速度が出なかった等、今後も光回線を使い続ける予定なら有りだと思います。

SoftBank光は乗り換えの場合なら条件無しで工事費も実質無料になるので、初期費用は殆んどかからないはずです。

© 2020 セレクトひかり Powered by AFFINGER5